占いを学ぶ

占いに関する情報が満載!

占いの結果が悪かったとき

占いの結果が悪かったとき 血液型、十二星座、相性。
私たちの身の回りは常に様々な占いであふれています。
朝出かける前に占いをチェックするのが日課になっている人も多いのではないでしょうか。
しかし、その結果が悪かったとき、あなたはどうしていますか? 悪い結果は信じないようにしてすぐに忘れてしまう人。
いつまでも結果に引きずられてくよくよしてしまい占い通りにブルーな一日を過ごしてしまう人。
悪い結果の受け取り方は千差万別です。
そこで、悪い結果が出たときの受け取り方を一つ提唱します。
それは、「悪い結果を忘れずにその日の自分の行動の指針にする」ことです。
例えば、人間関係でトラブルがあると占われたとしましょう。
そんなときこそ人との会話には細心の注意を払い、相手の気持ちを考え、思いやりのある行動を心掛けるのです。
上手くいけばその日が終わるころにはコミュニケーションスキルの成長を実感していることでしょう。
こういった考え方を毎日続けていけば、どうでしょう。
漫然と日々を過ごしているよりもずっと人として成長できるような気がしてきませんか? 当たるも八卦当たらぬも八卦。
そんな占いだからこそ悪い結果を自身の魅力を磨くためのきっかけにしてみる、というのも悪くないかもしれません。

占いの悪い結果は信じるべき?

占いの悪い結果は信じるべき? 占いに興味がない人でも、テレビなどで占いコーナーがあれば、思わず今日の自分の運勢はどうだろうといった風にテレビに見入ってしまうことはあるものです。
それほど興味がなかったとしても、いい結果であればうれしいものですし、悪い結果であれば落ち込んでしまうことでしょう。
悪い結果が出たときには、それを信じるべきなのでしょうか。
信じるべきかどうかはその状況に応じて考えるようにするといいでしょう。
例えばケガに注意といった内容であれば、ケガをしてしまうかもとおびえるのではなく、ケガをしないようにいつもよりも慎重になるといった風に、悪い結果を回避できるようにしていく事です。
悪い結果におびえていれば、よからぬことを招いてしまう結果になってもいけませんので、回避できるように気を付けていく事が大切です。
考え方を変えてみたり気を付けることによって、悪い結果もいい結果へと変わっていきますので、おびえながら暮らさないようにしましょう。

recommend

麻布十番の歯医者に相談

2017/8/18 更新

 

Copyright (c) 2017 占いを学ぶ. All rights reserved.